/

この記事は会員限定です

[FT]モロッコ、仏大統領ら盗聴か 西サハラ巡り疑心暗鬼

[有料会員限定]
Financial Times

アフリカ北西部のモロッコが旧宗主国フランスのマクロン大統領の電話を盗聴しようとしていた疑いが浮上している。その前から、モロッコと欧州主要国との関係は緊張していた。

モロッコは同国が領有権を主張する係争地西サハラを巡るスペインの姿勢に反発し、同国への移民の流入を黙認した。西サハラ問題ではドイツとの関係も悪化している。

最近では複数の国がイスラエルのNSOグループが開発したハッキング用スパイウエア「ペ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2695文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン