/

この記事は会員限定です

[FT]ダボスのテーマはロシア、景気後退、金利の「3R」

[有料会員限定]

世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)に出席した経営者の心理は春だというのに冷え込んでいた。ロシアによるウクライナ侵攻、インフレ高進、中国のロックダウン(都市封鎖)など経済のグローバル化に逆行する動きが重なったからだ。

米銀大手シティグループのジェーン・フレイザー最高経営責任者(CEO)は「今議論すべきなのはRで始まる3つのテーマ、つまり、Russia(ロシア)、recession...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン