/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]エアビーの中国撤退、美団など地元勢に追い風

[有料会員限定]

米国のハイテク企業がまたひとつ、中国で敗北を喫している。民泊仲介大手の米エアビーアンドビーは、長年にわたって多額の投資を行ってきた中国事業を停止する。政府の厳しい「ゼロコロナ」政策によって観光業が不振にあえいでいるからだ。エアビーの事業停止は、競争の激しい民泊市場で地元のライバル企業には追い風となる。

エアビーは、中国居住者の国外の民泊などの予約のみを扱う事務所を北京に置き続ける予定だ。これまで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1030文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン