/

ツツ元大主教が死去 南アの人種隔離撤廃に尽力

(更新)

【ナイロビ=共同】南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離)撤廃に尽力し、1984年にノーベル平和賞を受けたデズモンド・ムピロ・ツツ元大主教が26日死去した。90歳だった。大統領府が発表した。

2013年に死去したマンデラ元大統領と並ぶ国民統合の支柱的存在だった。気さくな人柄に加え、黒人支配層にも歯に衣(きぬ)着せぬ厳しい批判を浴びせる実直さは、人種を問わず広く国民から尊敬を集めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン