/

ブラジル外相、G20のロシア排除に「反対」

【サンパウロ=共同】ブラジルのフランサ外相は24日、20カ国・地域(G20)からのロシアの排除論について「明確に反対する」と述べた。上院でロシアのウクライナ侵攻についてブラジルの姿勢を説明した。

フランサ氏はロシア排除の動きが、ブラジルが伝統的に支持してきた「多国間主義や国際法」に反すると主張。G20などの機関が「完全に機能することが今は最も重要だ。それにはロシアを含む全ての国が参加することが必要だ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン