/

マリウポリの劇場砲撃 600人救出か、市長補佐官

ウクライナ南東部の港湾都市マリウポリの市長補佐官は25日、市中心部の劇場が16日にロシア軍の砲撃を受けた時点で住民約900人が避難していたとSNS(交流サイト)に投稿した。約300人が死亡したが残る600人程度は救出され、多くは南部ザポロジエに向けて避難しているとしている。

砲撃当時の避難者数を巡っては、数百人規模との見方や1000人以上とする情報が錯綜(さくそう)している。断続的なロシア軍の攻撃が救助活動を阻んでおり、被害や救出状況の全体像は明らかになっていない。

市長補佐官によると、死亡した人の多くは砲撃時に劇場の上の階や建物の裏手におり、被害を受けたという。ただ、死者数の最終確定にはなお時間がかかる見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン