/

駐日ロシア大使、広島平和式典招待されず反発

ロシアのガルージン駐日大使は25日、ウクライナ侵攻を受け、広島市が8月6日の平和記念式典にロシアやベラルーシの代表を招待しないと明らかにしたことについて、「自称反核運動の指導者」による「恥ずべき措置」と反発した。通信アプリ「テレグラム」で声明を発表した。

声明は「ロシアがウクライナでの核兵器使用をもくろんでいるというばかげた作り話」が被爆地・広島で拡散されていると非難。軍事作戦では「非ナチ化」を進めているとした上で、「まさにこのナチズムと同盟を組んだことが、1945年に日本という国全体を襲った破局の原因の一つ」だと主張した。(時事)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン