/

ジャワ島地震死者310人に 363校被災、各地で追悼

【ジャカルタ=共同】インドネシア・ジャワ島西ジャワ州で発生した地震で国家災害対策庁は25日、死者数が310人に上り、363校が被災したと発表した。行方不明者は24人。同州チアンジュール県の被災したモスク(イスラム教礼拝所)など各地で人々が死者を追悼した。

対策庁によると、これまでに110カ所に避難施設を設置。少なくとも妊婦650人を含む16万人以上が避難生活を送っている。この日の捜索で17人の遺体が発見された。

地元メディアによると、土砂崩れに巻き込まれた学校のバスから子ども1人、教員ら7人が遺体となって発見された。教員の1人は子どもを抱きかかえた状態だった。

世界最大のイスラム教徒人口を抱える同国。144の礼拝施設も損壊した。25日の金曜礼拝の後に死者を追悼。タイルやガラスが損傷し、雨漏りが続く被災地のモスクでも祈りがささげられた。

地震はマグニチュード(M)5.6で、21日午後に発生。10月から雨期に入り、雨で地盤が緩んでいた。気象当局によると、248回の余震を記録した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません