/

この記事は会員限定です

ロシアで中国企業どう動く? ミャンマーにみる深謀

編集委員 川瀬憲司

[有料会員限定]

自由や人権といった普遍的価値観や国際法を尊重しない政権と、企業はどう向き合うべきか。米アップルや英シェルなどの西側諸国の企業がウクライナに侵攻したロシアから相次いで事業縮小や撤退を表明する中、気になるのが中国企業の動向だ。国軍がクーデターで民主的な政権を転覆したミャンマーの「先例」が参考になりそうだ。

「アジア最後のフロンティア」として世界の熱い視線を浴びたミャンマーだが、クーデター発生から1年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン