/

この記事は会員限定です

[FT]「サル痘」巡る4つのポイント 世界で100人が感染

[有料会員限定]

天然痘に似た感染症「サル痘」の患者が少なくとも12カ国で確認されたことを受けて、世界中の保健当局が警戒を強めている。50年以上前に初めて人への感染が報告されて以来、サハラ砂漠以南のアフリカ(サブサハラ)以外では過去最大の感染拡大だ。

世界保健機関(WHO)によると、世界全体で21日現在、ほぼ100人の感染者が確認されている。英国の健康安全保障庁は23日、新たに36人の感染が判明し、7日以降のイン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2952文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン