/

「ロシアが白リン弾使用」ウクライナ大統領、演説で主張

【ワルシャワ=時事】ウクライナのゼレンスキー大統領は24日、先進7カ国(G7)首脳会合で行ったオンライン演説で、ウクライナに侵攻したロシア軍が、燃焼力が非常に強く「非人道兵器」とされる白リン弾を民間人に対し使用したと主張した。事実なら、ロシアに対する国際社会の批判がさらに強まりそうだ。

白リン弾は化学兵器には分類されていないが、高熱を発し人体に深刻な害を与えるため、非人道的と非難されている。ゼレンスキー氏は24日朝に白リン弾使用の情報が入ったと述べたが、詳細は明らかにしていない。ウクライナのメディアは23日、首都キエフ郊外のイルピンや東部ルガンスク州で、ロシア軍が白リン弾を使ったと報じていた。

ゼレンスキー氏は「ロシアがウクライナ領内で化学兵器を大規模に使用する脅威は、かなり現実味を帯びている」と強調。G7会合に先立ち、オンライン参加した北大西洋条約機構(NATO)の緊急首脳会議でも、白リン弾に言及した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン