/

潜水艦乗組員53人全員死亡 インドネシア沈没

(更新)
沈没した潜水艦の捜索から戻るインドネシア海軍の巡視船(25日)=AP

【ジャカルタ=共同】インドネシア海軍の潜水艦がバリ島沖で消息を絶った事故で、国軍のハディ司令官が25日に記者会見し、潜水艦は沈没し乗組員53人全員が死亡したとの見解を明らかにした。水中カメラの映像で艦のかじやいかりの一部、乗組員の脱出スーツが見つかったことや、油の流出などから判断した。

ハディ氏は「国軍を代表して、殉職した乗組員家族に心からの哀悼の意を表する」と述べた。

海軍のユド参謀総長は、潜水艦は500メートル程度の最大潜水深度を大きく超過する水深838メートルの海底に沈んでおり、船体が3つに裂けていたと説明した。潜水中に何らかのトラブルで停電が起きた可能性があり、水圧に船体が耐えきれなくなったとみられる。ユド氏は潜水艦の引き揚げ作業に着手する方針を明らかにし「(船体を)調査して二度と事故を繰り返さないようにする」と強調した。

外国から支援が相次ぎ、近隣のシンガポールとマレーシアが派遣した潜水艦救難船や米国の哨戒機やオーストラリアのフリゲート艦が捜索に加わっていた。

国軍によると、潜水艦は21日未明に許可を得て潜水を始めた後に消息を絶った。魚雷発射訓練を実施する予定だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン