/

この記事は会員限定です

[FT]「バルト諸国に米軍駐留を」 エストニア首相が熱望

[有料会員限定]

エストニアのカラス首相は隣接するロシアを抑止するため、バルト諸国に米軍を駐留させるよう求めた。西側諸国は結束を維持し、ロシア政府に一切譲歩すべきでないとも主張した。

カラス氏はフィナンシャル・タイムズ(FT)の取材に対し、ロシアがウクライナに侵攻するかどうかにかかわらず、北大西洋条約機構(NATO)はエストニア、ラトビア、リトアニアからなる東側外郭部に増派すべきだと語った。ロシア政府がウクライ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2042文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン