/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]ボーイング、ブランソン氏の人工衛星開発に出資

[有料会員限定]

米航空機大手ボーイングは、英起業家のリチャード・ブランソン氏の人工衛星開発会社である米ヴァージン・オービットが30億ドル(約3300億円)以上の評価で特別買収目的会社(SPAC)と合併して上場すると、株主の一角を占めることになる。

ブランソン氏が率いる宇宙旅行の米ヴァージン・ギャラクティックからスピンオフしたヴァージン・オービットは、米ゴールドマン・サックスの元幹部が共同で設立したSPACである...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1514文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン