/

この記事は会員限定です

[FT]犯罪急増、米大統領の死角

警察改革も左右で分断

[有料会員限定]

目をつぶると、犯罪多発に苦しむ1980年代後半の米ニューヨークに戻ったような気持ちになる。5月半ばに実施されたニューヨーク市長選に向けた候補者討論会は、市内の犯罪増加にどう対処するかに議論が集中した。ニューヨークでは昨年、殺人事件が43%増加した。今年は昨年を上回る勢いだ。

イリノイ州シカゴはさらにひどい状況で、市内で1000人近くが殺された74年のピークに迫っている。米国の都市部全体で同じことが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

エドワード・ルース

Edward Luce FTに入社後、1年休職し米ワシントンで当時の米クリントン政権の財務長官ローレンス・サマーズ氏のスピーチライターを務めた経験を持つ。2006~11年米ワシントン支局長を経て、現在は米政治を様々な局面から切る現職に。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン