/

この記事は会員限定です

[FT]米ロ先行の極超音速兵器開発 中国も競争に参加

[有料会員限定]
Financial Times

中国が極超音速兵器の発射実験をこの数カ月間で2回行ったとのフィナンシャル・タイムズ(FT)紙の報道を受け、米国防関係者が警戒心を強めている。中国がミサイル防衛システムでの迎撃が困難な新型兵器の開発を予想以上に早く進めていることを示唆するからだ。

米政府の科学者たちがとりわけ着目しているのは7月27日の実験だ。宇宙開発用の「長征」ロケットに機動性が高く核弾頭を搭載可能な滑空体を載せて打ち上げた。実験...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2743文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン