/

この記事は会員限定です

[FT]ネットで広がる偽情報、たちの悪さでウイルスしのぐ

[有料会員限定]
Financial Times

英科学誌「ネイチャー」は1964年、「感染症と流言」という論文を掲載した。この中で、2人の数学者、D・J・デイリー氏とD・G・ケンダル氏は、いかに噂が広がるかを調べるために、感染症のまん延についての研究で使われたモデルを採用した。人々を、噂に「感染しやすい」人、すでに噂に「感染」しそれを広める人、もはや噂を伝えない「死亡、隔離、免疫保有」となった人のグループに分類した。

偽情報に感染すると心は大き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン