/

この記事は会員限定です

キャンベル氏「次世代インフラ投資、米中競争上も意義」

日経バーチャル・グローバルフォーラム

[有料会員限定]

米国家安全保障会議(NSC)のカート・キャンベル・インド太平洋調整官は25日午前、日本経済新聞社が都内で開いた「国際金融ハブに向けた日本の可能性」にビデオ出演の形式で講演した。膠着状況にある1兆ドル(約114兆円)規模のインフラ投資法案について「技術促進を支える法案」と説明し、米中が技術面で競り合う「インド太平洋地域での競争上も意義がある」と述べた。

インフラ投資法案は道路や橋など従来型のインフラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り506文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン