/

この記事は会員限定です

中東産油国、「脱炭素」でエネ市場支配強化

消費国の対策難航見透かす 石油ガス上流へ大型投資

[有料会員限定]

【リヤド=岐部秀光】サウジアラビアなど中東の産油国が相次いで温暖化ガスの実質排出量をゼロとする目標を打ち出している。これらの目標には、原油などの輸出先で出たガスの量は含まれない。各国は国内で再生エネルギーへの投資で環境対策への貢献を訴える一方、国外では原油輸出による外貨の獲得につなげる両面戦略を目指す。

有力産油国サウジアラビアの実力者ムハンマド皇太子は23日、首都リヤドで開いた会議「サウジ・グ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン