/

伊でプチデモン氏拘束 逃亡のカタルーニャ独立派

【ローマ=共同】イタリア警察は24日までに、スペイン北東部カタルーニャ自治州首相を務めた独立派で、欧州議員のプチデモン氏をイタリア西部サルデーニャ島で拘束した。イタリアの裁判所が、スペイン側が求めている身柄の引き渡しについて判断する。ANSA通信が報じた。

プチデモン氏はスペインからの独立を問う住民投票を2017年に強行。スペイン当局の捜査を逃れ、ベルギーに出国した。19年に欧州議会選で当選したが、欧州議会は今年3月、同氏の不逮捕特権剝奪を賛成多数で可決した。

スペイン当局は反乱容疑などで欧州逮捕状を発付し、国際手配している。同氏は18年にも訪問先のフィンランドからベルギーに戻る途中にドイツで拘束された。同国裁判所は身柄の引き渡しを却下した。

プチデモン氏はサルデーニャ島の国際イベントに参加するため、今月23日に同島の空港に到着した際に拘束された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン