/

バイデン米大統領「ロシアに責任負わせる」 声明全文

バイデン米大統領は23日(米東部時間)、ロシアがウクライナ東部で特別軍事作戦を実施すると発表したことをうけ声明を出した。声明の全文は以下の通り。

今夜、ロシアの軍隊によって理不尽かつ不当な攻撃を受けたウクライナの人々に、世界中の祈りがささげられている。プーチン大統領は悲劇的な生命の死と苦しみをもたらす計画的戦争を選んだ。ロシアのみがこの攻撃による死と破壊の責任を負う。米国と同盟国、友好国は連携して断固とした措置を取る。世界が、ロシアに責任を負わせる。

今夜はホワイトハウスから状況を監視し、引き続き国家安全保障チームから最新の情報を収集する。あす(同24日)午前は主要7カ国(G7)首脳と会談する。その後、米国民に向けて演説し、ウクライナや全世界の平和と安全への不必要な侵略を受けて、米国と同盟国、友好国がロシアに科すさらなる対応を発表する。私たちは北大西洋条約機構(NATO)加盟国とも連携して、強力な対抗措置を講じ、加盟国に対するいかなる攻撃も抑止する。

今夜、ジル(大統領夫人)と私は勇敢かつ誇り高いウクライナの人々のために祈っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ情勢

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン