/

この記事は会員限定です

[FT]欧州議長、EU中期予算の枠組み見直し提案 侵攻巡り

[有料会員限定]

欧州連合(EU)の7年にわたる財政計画の策定サイクルが持続可能かどうかを疑問視する声がEU立法機関のトップから上がっている。ウクライナ戦争やインフレ急伸などの新たな危機に財政面から迅速に対応する必要性が高まっているためだ。

マルタ出身で1月に欧州議会議長に就任したロベルタ・メツォラ氏は、EUの財政モデルを「じっくりと精査する」意向を表明した。予算上の課題に柔軟に対応するためで、7年ごとに中期予算...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1947文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン