/

武漢のウイルス研究所員、19年秋に通院か 米紙報道

think!多様な観点からニュースを考える
武漢のウイルス研究所=ロイター

【ワシントン=共同】米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは23日、中国武漢のウイルス研究所の研究者3人が2019年11月に病院で治療が必要になるほど体調を崩していたことが、未公開の米情報機関の報告書で明らかになったと報じた。時期や通院の詳細が明記されているといい、新型コロナウイルスの起源に関する議論が再燃する可能性がある。

同紙は報告書によって新型コロナが研究所から流出したかどうか「より詳細な調査を求める声を後押しする可能性がある」と指摘した。

CNNテレビは研究者らが入院したと伝えた。ただ、情報機関は研究者らが実際に何の病気にかかったのか把握できておらず、新型コロナの起源については中国から来たという事実以上の確たる情報はないという。

中国はウイルスが研究所から流出したことを否定している。

米国家安全保障会議(NSC)当局者はウォール・ストリート・ジャーナルに「パンデミックの初期段階について、中国内での起源を含めて深刻な疑問を抱き続けている」と述べた。

トランプ前政権時代の国務省は今年1月に発表した文書で、研究者らが「19年秋に体調を崩した」と説明したが、病院にかかったことには触れられていない。

CNNによると、中国は世界保健機関(WHO)に対し、19年12月8日に武漢で初めて症状のある患者が記録されたと報告した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン