/

インドネシア潜水艦、酸素切れの恐れ

インドネシア海軍も捜索を急いでいる(潜水艦の捜索に向かう艦船)=AP

【ジャカルタ=共同】53人が乗ったインドネシア海軍の潜水艦が21日未明にバリ島北方沖で消息を絶った事故は24日、発生から72時間が経過した。国軍によると、艦内に備えていた酸素が尽きた計算となり、乗組員の生存がいっそう危ぶまれる状態となった。潜水艦の位置の特定には至っておらず、捜索は長期化する可能性が高まっている。

現場海域には海軍などの艦船20隻以上が展開。これまでの捜索で磁気反応を探知した海域や、油が漂っていた海域を中心に9カ所を集中的に捜索した。外国からの支援も相次いでおり、シンガポールとマレーシアが潜水艦救難船を派遣。米国の哨戒機とオーストラリアのフリゲート艦も捜索に加わった。

潜水艦はドイツ製の「KRIナンガラ402」で、1981年にインドネシアに引き渡された。インドネシア海軍は潜水艦を5隻保有しているが、中でも老朽化が進んでいた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン