/

この記事は会員限定です

[FT]英インフラ委トップ 原発新設の家計負担「説明を」 

[有料会員限定]

原子力発電所を新設した場合、家計の電気料金負担にどれだけ影響が及ぶかを政府は「率直に説明」すべきだ――英国家インフラ委員会のジョン・アーミット委員長がこう警鐘を鳴らした。

アーミット氏はフィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで、新規原発は「稼働までに長期間」を要し、「いったん建設が始まると、目先の料金負担増を余儀なくされる」と語った。

「政府がそう決断した以上、新規原発のために消費者が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン