/

この記事は会員限定です

環境より経済に傾くパプア 中国企業が鉱山開発

[有料会員限定]

【香港=エリザベス・ビーティー、鈴木淳】新型コロナウイルスの感染拡大でパプアニューギニアの経済が減速したとき、同国は解決のための答えを、政府高官の一人が「悪魔」と名付けたものに求めようとした。

パプア政府はカナダのバリック・ゴールドと中国の紫金鉱業集団という鉱山大手2社が保有するポルゲラ鉱山(金など産出)の採掘阻止を目指してきたが、4月になって正反対の決定をした。パプア政府は両社との契約を更新し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン