/

この記事は会員限定です

駐日米大使の重み モンデール氏を悼む

評伝

[有料会員限定]

ウォルター・モンデール元駐日米大使の死去にあたり、日本のメディアでは橋本龍太郎首相と並んで沖縄の普天間基地返還合意を発表した、首相官邸での2ショット写真が改めて紹介された。1996年4月の姿だ。

この会見には舞台裏があった。橋本氏は1週間後に訪日するクリントン大統領と並んで華々しく発表し、日米両政府のトップ合意をアピールしたい。一方の米国は、合意の実質的な責任者だったペリー国防長官を表舞台に出した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン