/

蔡英文総統、台湾海峡の厳重監視を指示 中国軍を警戒

【台北=共同】台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統は23日「ロシアによるウクライナの主権侵害を非難する」と述べ、関係各国に理性的に争いを解決するよう呼び掛けた。また中国の習近平指導部が便乗して台湾への軍事圧力を強化することを警戒し、台湾軍に対して台湾海峡の軍事動向を厳重に監視するよう要求した。

台湾紙自由時報(電子版)は23日、蔡政権が対ロシア制裁として半導体など科学技術製品の輸出規制を検討していると伝えた。日米など主要国の制裁の動向を見極める方針だとした。台湾は半導体の世界的な供給源。

台湾の専門家によると、蔡政権は「米国がウクライナをどこまで支援するか」に最も強い関心を寄せている。

蔡氏はまた、中国が台湾世論の動揺と分断を狙う作戦を仕掛けてくる可能性を指摘し、適切に対応するよう関係部門に指示した。

中国政府の台湾担当報道官は23日の記者会見で、台湾与党の民主進歩党(民進党)が「ウクライナ問題にかこつけて大陸の軍事的脅威をあおっている」と批判した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン