/

この記事は会員限定です

[FT]ロシアの偽情報対策を求められる米IT大手

[有料会員限定]

欧米の政治家がSNS(交流サイト)運営企業に対し、ロシア政府のプロパガンダの一翼を担う大使館、官公庁、政治的指導者のアカウントの取り締まりを求めている。

米フェイスブックや米ツイッターといったSNSプラットフォームがオンライン上に出回るウクライナ侵攻関連の偽情報への対応を強化し、100以上あるロシアの在外公館アカウントや、ロシア国防省などの政府機関に断固たる措置を講じるべきだとの見方が、米国や欧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン