/

この記事は会員限定です

[FT]戦争で変わる事業モデル 生産地は消費者に近く

[有料会員限定]

ウクライナでの戦争は既に多くの人の人生を崩壊させている。だが同時に多くのビジネスモデルの見直しも迫っている。西側の多国籍企業が相次ぎロシアから撤退し、ウクライナのサプライチェーン(供給網)が支障を来たし、さらには中国での新型コロナウイルス感染拡大に伴う資材や部品の調達の混乱が続くなか、企業はあらゆる面から事業のやり方の見直しを迫られている。

問題は、ウクライナに住む現地スタッフへの給料の支払い方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ラナ・フォルーハー

Rana Foroohar 米国生まれ。米ニューズウィーク、米タイムを経て2017年3月にFTに移る。米IT(情報技術)企業の事業を通じ蓄積した利用者のデータを駆使した事業モデルの在り方に早くから警鐘を鳴らしてきたことで知られる。米外交問題評議会の生涯会員。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン