/

この記事は会員限定です

[FT]ロシアとのビジネス、間合いをはかる中国企業

[有料会員限定]

ロシアのプーチン大統領によるウクライナ侵攻で、中国企業がますます難しい立場に追い込まれている。ロシアとのビジネスを継続・拡大したいのは山々だが、それを押し通せば短期的な混乱が避けられないからだ。

中国のドローン(無人機)大手DJIはそうした困難に直面している企業の一つだ。DJI製の機体はロシアとウクライナの双方で使用されているが、同社は先週、ウクライナのフョードロフ副首相からロシアとのビジネスを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2674文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン