/

プーチン氏「大国であり続ける」 対独開戦80年で演説

献花に向かうロシアのプーチン大統領(22日、モスクワ)=ロイター

【モスクワ=共同】ロシアのプーチン大統領は22日、ナチス・ドイツが1941年6月22日にソ連を突然攻撃した対ドイツ戦争の開始から80年を迎えたことを受け、モスクワのクレムリン宮殿脇にある戦没兵士をまつる「永遠の炎」に献花し「ロシアは偉大で強力な大国であり続ける」と表明した。

プーチン氏は高齢の戦争参加者らを前に「ナチス・ドイツはわが国民を壊滅しようとし、生き残った者からは母国語、伝統、文化を奪い奴隷にしようとした」と演説。「これほど残虐なジェノサイド(民族大量虐殺)を歴史は知らない」と主張した。

第2次大戦は39年9月にドイツとソ連がポーランドに侵攻したことで始まったが、ソ連の継承国であるロシアは41年6月のドイツのソ連侵攻で始まった対ドイツ戦を「大祖国戦争」と呼び、大戦開始と位置付けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン