/

仏、EUに安保理ポスト移譲か 英紙報道、大統領府否定

英紙テレグラフは22日、欧州連合(EU)の加盟国が「欧州軍」の創設を支持した場合、支持と引き換えにフランスが国連安全保障理事会の常任理事国のポストをEUに引き渡すことをマクロン仏大統領が検討していると大統領府に近い筋の話として伝えた。仏大統領府は同日、報道を否定した。

マクロン氏は「強い欧州」を目指し、欧州軍の創設をかねて唱えてきた。オーストラリアがフランスとの潜水艦建造計画を中止して米英との計画に乗り換えた問題で、フランスは反発を強めている。欧州独自の安全保障の確保にむけて、欧州軍の創設を巡る議論が盛り上がる可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン