/

有名人に納税規則厳守要請 上海や浙江省の税務局

【上海=共同】中国国家税務総局の上海市や浙江省の税務局は22日、有名人に納税に関する規定を厳守するよう求める文書をインターネット上で公表した。中国では習近平(シー・ジンピン)指導部が格差解消を目指して掲げる「共同富裕」の下、有名人の脱税に絡む摘発が相次いでいる。

浙江省には電子商取引(EC)最大手アリババグループの本社があり、同省や上海には、ネット販売のインフルエンサーらが多い。

文書は、納税は全市民の義務だが芸能人やインフルエンサーなどの有名人は「税法規定をさらに厳格に守らなければならない」と強調。不徹底の場合などは厳しく処分するとした。一方で、年内に自主的に問題を申告した場合は、処罰を軽くするなどの措置を取るとし、規定の順守を促した。

浙江省は今月20日、国内トップクラスのインフルエンサー、黄薇さんに追徴課税などを加えた罰金計約13億4千万元(約239億円)の支払いを命じたと発表。上海市も8月、人気俳優、鄭爽さんに罰金計2億9900万元の支払いを命じたと明らかにしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン