/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]英国の鉄道スト 在宅勤務で組合の力は低下

[有料会員限定]

英国で21日から始まった地下鉄と鉄道のストで大きな影響が出ている。ただ、新型コロナウイルス禍で英国人は在宅勤務の経験を積んだ。このため企業はそれほど混乱せず、生産高も失われず、鉄道労組の影響力は低下している。

通勤に鉄道を利用している勤労者は全体の1割程度だ。ロンドンの通勤者が鉄道を最も多く利用しているが、在宅勤務を最も得意にしている人々でもある。英経済ビジネス・リサーチ・センター(CEBR)に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン