/

タリバン、女性出演のドラマ禁止 アフガン

【カブール=AFP時事】アフガニスタンのイスラム主義組織タリバン暫定政権は21日、新たな「宗教上の指針」を発表し、テレビ局に対し、女性の俳優が出演するドラマの放送を禁止すると通達した。

指針は、旧タリバン政権時代に極端なイスラム法解釈を強制し「道徳警察」として知られた勧善懲悪省の名で出された。8月のタリバン政権復活後、メディアに対する命令は初めて。

同省はまた、テレビ局の女性ジャーナリストにリポート中に頭部を覆うスカーフ「ヒジャブ」の着用を命令。さらに、預言者ムハンマドなどイスラム教の重要人物が登場する映画や番組に加え、イスラムやアフガンの価値観に反する内容の放送を禁じた。勧善懲悪省報道官は「これらは規則ではなく、宗教上の指針だ」と述べた。

アフガンでは過去20年間、欧米諸国が支援した民主政権の下でメディアが急成長。数十のテレビ・ラジオ局が新設された。タリバンは8月以降、旧政権時代と異なり報道の自由を認める穏健な統治を行うと公言してきたが、ジャーナリストへの攻撃が相次ぐなど実態は程遠い。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン