/

この記事は会員限定です

米欧中、脱炭素へハードル 産業構造の転換必要に

[有料会員限定]

欧州連合(EU)や中国、米国が脱炭素経済に向けた政策の実行を急いでいる。欧州委員会は21日、環境関連事業が温暖化防止にどれだけ貢献するかを示す基準「EUタクソノミー」を公表。世界最大の温暖化ガス排出国である中国はグリーンボンド(環境債)の発行要件を見直した。ただ産業構造の転換やエネルギー政策の見直しも必要で、排出実質ゼロの達成にはハードルが待ち受ける。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2213文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン