/

この記事は会員限定です

[FT]フーシ派が攻撃のサウジ、石油供給の「責任負わず」

[有料会員限定]

サウジアラビアは21日、イエメンの親イラン武装組織フーシ派によるサウジ石油精製施設へのミサイル攻撃によって供給に混乱が生じる可能性があるとして、世界のエネルギー市場における原油不足の責任を負わないと述べた。

ロシアのウクライナ侵攻に伴う市場の混乱を緩和するため、世界最大の石油輸出国であるサウジには原油増産を求める圧力が高まっていた。だが、サウジと隣国の同盟国であるアラブ首長国連邦(UAE)は今の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン