/

中国外相、米主導の経済枠組みをけん制

中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相は22日、米国が主導する新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」について「特定の国を意図的に排除するなら間違っている」とけん制した。IPEFが発足するのを前に、米国を強くけん制した形だ。

中国外務省の発表によると、王氏は米国が環太平洋経済連携協定(TPP)から脱退するなど自由貿易に逆行していると指摘し「米国がすべきことは自由貿易のルールにのっとって行動することだ」と話した。「我々はどの国とも争うつもりはなく、(アジア太平洋地域の)各国と共に発展したいだけだ」とも主張した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン