/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]米銀、FRBが健全性承認も大型株主還元は期待薄

[有料会員限定]

米国の大手金融機関は今年も米連邦準備理事会(FRB)による恒例のストレステスト(健全性審査)に楽々合格した。審査を受けた銀行は、市場や経済の大混乱が起きても、乗り越えられるだけの自己資本の水準を維持できることを(書類の上では)証明した。FRBが不測の事態として想定したのは失業率が10%まで上がるような不況、商業用不動産の価格の40%の下落、株式相場の55%の急落などだ。

景気後退懸念の高まりにお...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン