/

この記事は会員限定です

ナチス巡り過去にも問題 ユダヤ系団体、警鐘鳴らす

(更新) [有料会員限定]

ユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)や主導した戦前ドイツのナチス政権を巡っては、過去にも政治家の発言が問題化した。ユダヤ系人権団体などは反ユダヤ主義ともとれる言動に目を光らせ、過ちを繰り返さないよう警鐘を鳴らしている。

フィリピンのドゥテルテ大統領は2016年、ドイツの独裁者ヒトラーが300万人のユダヤ人を虐殺したことを挙げ、「フィリピンには麻薬中毒者が300万人いる。彼らを喜んで虐殺する」と発言した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り381文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン