/

この記事は会員限定です

元米国防次官補、習近平氏は「平和的な台湾統一を模索」

富士山会合

[有料会員限定]

日米の政府関係者や有識者らが国際問題を話し合う第9回「富士山会合」(日本経済研究センター、日本国際問題研究所共催)で22日、中国共産党の習近平(シー・ジンピン)総書記の3期目についてパネル討論を開いた。ランドール・シュライバー元米国防次官補は台湾統一を目指す中国について「実際は戦わずに勝つことを望んでいるのではないか」との見方を示した。

シュライバー氏は、中国が台湾周辺での軍事的な挑発を行ってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません