/

米、中国旅客機44便停止 対抗措置、空でも対立

(更新)

【ワシントン=共同】バイデン米政権は21日、中国の航空会社の米国発中国行き44便の運航を停止すると発表した。中国の航空当局が新型コロナウイルス対策を理由に同数の米航空会社の中国便の運航差し止めを決めたことへの対抗措置。中国は北京五輪を控え感染拡大に神経をとがらせており、米中対立は空の便にも及び始めた。

中国では乗客が中国到着後の新型コロナ検査で陽性になると、搭乗させた航空会社の旅客機の運航を制限する制度を導入しており、今年に入り米国便の欠航が続発。米側が運航継続を求めたが受け入れられず、不公平で懲罰的だとして報復に出た形。

米運輸省は1月30日~3月29日に米西部ロサンゼルスや東部ニューヨークから中国に向かう中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空などの旅客機計44便の運航を差し止める。

同省によると、今年に入りアメリカン航空グループなど米航空大手3社の中国行きの便で、出発前の検査では陰性だったが、到着後に陽性者が出たため計44便の欠航が決まった。

ロイター通信によると、在米中国大使館の報道担当者は「米国の措置は理不尽だ」と反発しているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン