/

21年の米コロナ死者、前年超え ワクチン未接種懸念

think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=時事】今年の米国での新型コロナウイルスによる死者数が、昨年の約38万5300人を超えた。米主要メディアがジョンズ・ホプキンス大の集計などに基づいて伝えた。これについてバイデン大統領の首席医療顧問を務めるファウチ国立アレルギー感染症研究所長は21日、感染力の強いデルタ型の流行が主因とし、ワクチン接種率の伸び悩みに懸念を示した。

ファウチ氏はABCテレビの番組で「デルタ型に感染した入院患者が増えれば、死者も増える」と説明。「ワクチン未接種者が主な感染源となっている」と分析した。

米国は新型コロナの感染者数・死者数とも世界最多。米疾病対策センター(CDC)によると、20日時点でワクチン接種を完了したのは全人口の59.1%にとどまる。18歳以上の成人人口では70.9%。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン