/

この記事は会員限定です

「北朝鮮との対話続ける用意」米国務副長官の発言要旨

[有料会員限定]

シャーマン米国務副長官は21日、都内で日本メディア向けに記者会見した。朝鮮半島の非核化に向け、北朝鮮との対話再開に意欲を示した。発言要旨は以下の通り。

【北朝鮮】

私たちは北朝鮮との対話に前向きで、朝鮮半島の非核化に向けて合意しようと努力していることを北朝鮮側に知らせた。長いプロセスになるかもしれないが、対話を続ける用意があり、彼らの反応を待っているところだ。(非核化に関して)私が楽観的か、悲観的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1346文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン