/

この記事は会員限定です

ウクライナ作付面積3割減、収穫量は半減 マクサー予測

[有料会員限定]

ロシアによる侵攻が長期化するなか、ウクライナの主要産業である農業が深刻な打撃を受けている。米衛星情報会社のマクサー・テクノロジーズは、ウクライナ国内の春の作付面積が2021年比で3割減ったとの分析を公表した。種や人手の不足も相まって、今秋の穀物の収穫量は同半減すると予測した。

マクサーがこのほど衛星画像などをもとに6月初旬時点の状況を分析した。2月24日に始まったロシアによる侵攻で、農地が損壊し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン