/

「インド太平洋へ空軍も派遣」 来年、ドイツ海軍トップ

【シンガポール=共同】ドイツ海軍トップのシェーンバッハ総監(海軍中将)は21日、訪問先のシンガポールで講演し、2022年にインド太平洋地域に空軍とサイバー防衛の部隊を派遣すると述べた。中国をにらみ、ドイツは同地域の国際秩序と平和の維持に貢献する方針で、艦船を定期的に派遣する意向を示している。

シェーンバッハ氏はフリゲート艦「バイエルン」の寄港に伴い、シンガポールを訪問。講演では「派遣する艦船の補給拠点をつくるため、シンガポールや日本、韓国と交渉したい」と述べた。

シェーンバッハ氏は講演に先立つ記者会見で、23年には2隻の艦船をインド太平洋地域に送るとも説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン