/

この記事は会員限定です

女性労働参加率低いインド オラ、工場1万人雇用で風穴

[有料会員限定]

インドの配車サービス大手のオラは9月から女性の従業員が造った電動スクーターの販売を始めた。将来は1万人超の女性を工場で雇用する計画を掲げる。インドは女性の労働参加率が南アジア8カ国のなかで最低で、オラは女性の雇用促進に風穴を開けようとしているが課題はなお多い。

「完全に女性だけで運営する。将来は1万人超の雇用となり、世界で最大級の女性による工場だ」。オラのバービッシュ・アガルワル最高経営責任者(C...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り852文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン