/

AIとは 判断過程に不透明さも

きょうのことば

▼AI 人間のような高度な認識や判断を下せるコンピューターシステムを指す。1956年に米国で開催した共同研究会「ダートマス会議」で初めて「人工知能(AI)」という言葉が使われた。自動で文章を翻訳したり、読み込んだ画像から病気や欠陥商品を見つけたりと活用の幅は多岐にわたる。自動運転など生死を左右する領域にも使われている。

人間の脳の仕組みを参考にしたディープラーニング(深層学習)は大量に学習したデータから精度の高い結論を素早く導き出せる。だが判断の過程が不透明で、使う側が気づかないうちに問題を起こす懸念がある。米グーグルや米マイクロソフトなどIT(情報技術)企業は倫理の指針を公開した。日本政府は2018年にAIを使う際の7原則を策定し、「人間中心」を掲げた。

少子高齢化で労働力不足が進む日本などでは、AIを活用してより付加価値の高い業務に専念できれば、生産性の向上の余地は大きいとみられている。医療、金融など幅広い分野への応用が進み、多大な恩恵が期待される。グーグルの技術者で米国の発明家レイ・カーツワイル氏は2045年にAIが人間の知性を超えて加速度的に進化する転換点(シンギュラリティ)を迎えると予想する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン