/

この記事は会員限定です

さえない「国策」上海上場

編集委員 川瀬憲司

[有料会員限定]

今月鳴り物入りで上海上場を果たした中国移動(チャイナモバイル)の株価がさえない。米中対立を受け、米国での上場廃止という憂き目に遭ったマイナスイメージ払拭のため、中国本土での新規上場としては過去最大級の487億元(約8850億円)を調達する派手な"凱旋"を演出したのだが、「国策」上場への市場の反応は冷静だ。

5日の初値こそ63元と公開価格の57.58元を9.4%上回ったが、その後はあたかも公開価格...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り951文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン